So-net無料ブログ作成
検索選択

私おススメの株主総会 [楽しい資産運用]

今日はDOWAホールディングス、しばらく前の同和鉱業だが、ここの株主総会は私のおススメ。
会社自身が大株主というわけで、我が家からも近いフォーシーズンズ・ホテルで毎年やっているようだ。私は一昨年に続いて二度目の出席。

総会資料として配られる事業報告からしてわかりやすくできていて、総会でも熱心に事業報告をしてくれる。総会の株主質問もあるが、総会後には株主懇談会があり、事業内容や事業環境についての質問に、かなり丁寧に答えてもらえる。
事業説明のあとは、軽食つきで商品展示。今年はバイオリンピアニストの生演奏つき。総会前も、BGMの音がやけにきれいだと思ったら、会場の後方で演奏しているから驚いた。なんだかそこまでしなくても・・・とその時は思ったものの、事業拠点の秋田から呼んだ地元の演奏家達だそうで、まあ悪くない趣向か。
参加している株主は昔から保有してます、といった感じの年配の個人が多く、家族同伴で来て懇親会の軽食だけ一緒に参加しているという人も目立つ。同伴家族が多いせいか、食事を取ろうと思っても座る席が無くて困ったほど。事業内容の割には個人株主を重視している配慮が伝わり、好感度高い。

原燃料高の影響は大きいようで2007年度は増収減益。今期も10%程度の減益見込みとしている。数年前から資源高の追い風が吹いて、製錬事業の収益性が急速に上がっていたわけだが、市況について、事業計画ではとても保守的な前提にしていて、製錬事業への依存度をどんどん下げるような計画が策定されている。中期計画は、”選択と集中”から”成長指向”に舵が切られ、正しい方向を向いているように見える。収益性は悪くないし、財務状況もいい。総会の質問では、買収防衛の議論と配当性向の議論に絡めて、買収がかかるんじゃないかと心配する発言が何件も出た。

そもそも事業内容もなかなか面白そうなものが多い。製錬がメインビジネスではあるが、環境ビジネスなどは世の関心も高いだろう。電子材料にしても自動車部品にしても、派手さはないがしっかり成長性が期待できそう。しばらくは原燃料高の逆風に耐えながら、着実に企業価値を上げていってほしい。

総会に不満はないが、あの、社員株主が「了解」とか「賛成」とやる古色蒼然たる方式は、そろそろ時代遅れかと・・・。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。